夜食べても太らない食べ方

ストレスなし!ガマンしない、痩せるクセをつける ダイエット

ガマンせず、ストレスなしに痩せるクセをつけて成功させるダイエット方法について解説しています。

夜食べても太らない食べ方


ダイエットをするときには、夜の食事はなるべく控えめにする。

これは基本だったりします。

でも、この発想を反対にして、夜に食べてかつ太らないという方法があるので、ご紹介したいと思います。

それは「ビーガンンビフォー6」という食べ方です。

ビーガンスタイルという食事方法があります。

これは、野菜や豆類など、植物性食品だけを食べる、という食事のスタイルです。

このビーガンスタイルを夜18時まで続けます。

そして、その後になったら、なにを食べても良い、というのが「ビーガンンビフォー6」です。

ニューヨークタイムズのフードコラムニストが提唱したダイエット法です。


ビーガンンビフォー6は、夕食が1日の中で一番メインの食事となります。

仕事やお付き合いなどで、夜の食事が重くなりがちな方にはおすすめの食事法です。

朝食と昼食で軽い食事をとっている間は、前の日に食べた糖質、脂質が日中の活動エネルギー源として消費されています。

だから夜食べても太らないのです。

ビーガンンビフォー6にすると、体質改善できると言われています。


でも、夜食べるのはちょっと・・・という方は、ゆるやかな糖質制限を初めてみてはいかがでしょうか。

こちらは、夜のカロリーを抑える食事法。

1日3食全ての糖質を控える、ハードな糖質制限は、なかなか続けにくいものです。

そこで、夕食だけの糖質をカットします。

あるいは、糖質を多く含む食べ物を、ストレスにならないように、全体的に減らす、というやり方でもオーケーです。


夜の糖質を減らすというやり方では、朝食と昼食は主食を食べて、夕食は主食はもちろん、糖質を含む食べ物もなるべくカットします。

ごはんやパン、麺類はもちろんですが、果物や糖質の多いさつまいもやかぼちゃ、じゃがいも、とうもろこし、レンコンなどの野菜も控えます。

みりんなどの調味料も糖質を含むので、こうした調味料を使わない方法で味付けします。

糖質の少ない野菜、肉、魚、タンパク質をディナーのメニューとします。


あるいはなにかを減らすのではなく、ヤセやすくなるように足す、というやり方もあります。

それは食事の30分ほど前に野菜ジュースを飲む、という方法。

直前ではなく、30分ほど前に飲むのがポイントです。

食前に野菜ジュースを飲むと、食後の血糖値上昇が緩やかになることが知られています。

野菜ジュースを食前に摂取すると、ヤセやすい状態になるという、体のメカニズムを考えたダイエット法となります。

野菜ジュースを先に飲む、というダイエット法は、ストレスなく食欲を抑えてくれるし、脂肪もつきにくくなるので、手軽にダイエット効果を実感できるとして人気が高まっています。

CONTENT

ガマンしないダイエットは効果絶大!
ストレスに焦点を当てて、ストレスフリーでダイエットを成功させる方法を考え ます。
ガマンしないでダイエットを成功させるコツ
食事をガマンしたり、ムリして運動したりすることなし、ストレスフリーでダイエットを成功させるコツについて解説します。
ヤセるクセをつけてダイエット
ダイエットすることを習慣化、クセ付けしてストレスなく痩せる方法を解説します。
まず汁物」から始めるダイエット
1日3回の食事で「汁物から食べ始める」というのは、ヤセるクセという意味で有効です。 食事は温かい汁物から箸をつけましょう。
夜食べても太らない食べ方
ダイエットをするときには、夜の食事はなるべく控えめにすることが基本ですが、夜に食べてかつ太らないという方法があるので、紹介します。